シェルティの広場

犬の寿命は人間と比べるとあっという間です。個体差がありますが、だいたい7歳を過ぎたころからシニア期を迎えると考えていいでしょう。この頃になりましたら1年に1回くらい健康診断を受けることをお勧めします。 それと同時にいつまでも元気で長生きしてもらうため、愛犬の様子をよく観察しサポートしてあげることが大切です。

よくわかるシェルティ(シェットランド・シープドッグ)
HOME > 老犬の生活

食事

老犬になると上手に食べられなくなったり、固い物が食べられなくなったりします。また、食事の好みが変わったり、必要な栄養も変化します。食事は健康な毎日を過ごすための基本ですから、配慮が必要です。

歳をとると消化、吸収能力が低下し筋肉量が落ちてきます。筋肉や毛づや、内臓機能を維持するためには、消化の悪いものは避け良質なたんぱく質を与えることが大切です。また、便秘をしやすくなったり、逆に下痢をしやすくなったりします。食事で適度な食物繊維が摂れるようにしましょう。食欲が落ちたりする場合は、とろみをつけたり匂いの強いものや好物を混ぜるなどして食欲がわくよう工夫しましょう。



適度な運動

歳をとってもある程度の運動は大切です。寝てばかりいては老化を加速させてしまうことになります。適度な運動は気持ちをリフレッシュさせ、脳を刺激します。一人でうまく歩けなくなったら、サポート用具を使ったり、カートに乗せたりしてお散歩を楽しみましょう。



生活環境

だんだん歳をとるとちょっとした段差でつまずいたり、階段が上れなくなったり、足腰が弱ってきます。また視力が悪くなったりもしますのでお部屋の中をすっきりさせ、危険なものがないようにしましょう。

また、寝ている時間が長くなりますので、床ずれなどが出来ないよう注意することも大切です。歳をとると体温調節機能が低下したり、気温の変化に鈍感になったりしますので温度管理に注意し、暑すぎたり寒すぎたりしないよう気をつけましょう。


病気

人間と同じで歳をとると新陳代謝が鈍くなるため肥満になりやすくなります。肥満は糖尿病や心臓病など様々な病気にかかるリスクが高くなります。

また 歳を重ねるにつれ徐々に抵抗力が落ち、視力、聴力、臭覚などの感覚器官も低下し、内臓の機能も落ちてきます。

特に発症しやすい病気として、心臓病、腎不全、白内障、歯周病、癌、認知症、肥満、皮膚病、外耳炎などがあげられます。

健康管理には一層気を配り、病気の早期発見を心がけましょう。



認知症

老化が進むと認知症の心配も出てきます。認知症は治りませんが、早期に対処すれば症状の緩和や進行を遅らせることができます。「名前を呼んでも反応が鈍い」「歩幅が狭く後退が出来ない」「旋回する」「夜鳴き」などの症状が見られたら、認知症を疑いましょう。

脳への刺激も大切ですので、お散歩に行ったり、撫でたり話しかけたりなど、愛犬への積極的なスキンシップを心がけましょう。




シェルティの広場について

シェルティの広場とは、シェルティのみを専門にブリーディング(繁殖)している、 普通の家庭の小さな小さなケネルが運営しているサイトです。

■ 所在地 神奈川県厚木市

シェルティについて

シェルティ(シェットランド・シープドッグ Shetland Sheepdog)は、飼い主にとても従順で非常に賢い犬種ですので、家庭での「しつけ」もしやすく、 運動能力も極めて高いのでアジリティなどのドッグスポーツにも適しています。
そして、なによりも優しさが溢れた可愛らしい表情が魅力的です♪
(詳細は、「よくわかるシェルティ」をご参照下さい。)

シェルティ イメージ画像
装飾ライン 画像
Copyright © 2010 シェルティの広場.All rights reserved